ベーシストであれば知る人ぞ知る今もなお現役で活躍するトップベーシストであるマーカスミラー。

その高度なテクニックとグルーヴ感で多くの人を魅了してきました。

特にスラップを使ったメロディを奏でるプレイは超一流です。

ベースを奏でる一音一音が選別されたセンスのベースだと思います。

今まで数々のプロミュージシャンとも共演をしています。

日本人で言えばギタリストの渡辺香津美(わたなべかつみ)やサックス奏者の渡辺貞夫(渡辺さだお)、歌手のMISIAなど数えきれないほどの共演と舞台を経験しているベースプレイヤーです。

今回は、マーカスミラーの生い立ちやベースの魅力について紹介していきたいと思います。

ベース界の王者マーカスミラーについて

マーカスミラーの生い立ち

マーカスミラーは1959年生まれのアメリカのベーシストです。

初めてベースを弾いたのが13歳のときだと言われています。

始めた当初からスラップを練習して15歳のときには仕事としてサポートベーシストとして活動していたそうです。

天才的な早さだと思います。

マーカスミラーの音楽とプレイスタイル

マーカスミラーのベースプレイといえばなんといってもスラップです。

ジャズベースを使いドンシャリ系のサウンドと高度なテクニックが特徴的です。

スラップだけでなく絶妙なベースでのスライド、チョーキング、ビブラートも聴きごたえがあります。

マーカスミラーの音にはまるで生きているかのような歌っているかのような酔いしれるベースプレイが入っていると思います。

世界で活躍するトップベーシストと言っても過言ではないと思います。

またベースプレイヤーとしてだけでなく作曲家、プロデューサーとしても活動されマルチに活躍しています。

マーカスミラーのベース

マーカスミラーと言えばフェンダージャズベースですね。

1977年製のジャズベースがトレードになっています。

もともとヴィンテージよりも人気がなかった機種でしたが改造してマーカスミラーサウンドを独自に作り出し70年代のベースが高い人気を誇るようになった。

最近では、Sire Guitarsと契約して新しいマーカスミラーモデルも登場しています。

マーカスミラーのシグネーチャー弦

マーカスミラーのシグネーチャーの4弦ベース用の弦です。
弦の太さは、045/065/085/105になります。
マーカスミラーのクリアな音やはっきりとした粒立ちの良いサウンドを再現された弦です。

マーカスミラーの名曲

Ren For Cover

マーカスミラーの名曲と言えばなんといっても「Ren For Cover」です。

誰でも一度は聞いたことがある曲だと思います。

 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事